復縁それが最後のチャンス

“恋愛の別れには双方納得した円満なケースだけではなく、一方的な別れや喧嘩別れなど後味の悪いケースもあります。本心とは裏腹に引くに引けず別れの道を選んでしまったのなら、後悔も大きく諦められないのではないでしょうか。

このように些細なすれ違いから最悪の事態を招いてしまったという人は多く、真剣に復縁を考える人もいるのです。自分の気持ちに納得がいかない場合には、前向きに新たなスタートを踏み出すことはできません。後にも前にも動けずに立ち尽くしているのなら、勇気を出して気持ちを伝えることも大切だと思います。

相手に恋人や結婚相手がいないのであれば、まだチャンスはあるはずです。相手が今までのように自分と会ってくれるのであれば、これが最後のチャンスだと思って復縁したいという気持ちを素直に伝えてみましょう。

結果はどうであれ、自分の気持ちに正直にベストを尽くすのですから、悔いはないことと思います。復縁ができなかったとしても、後悔の念が消えることで素敵な思い出として心に残り、新たなスタートを切ることができると思います。”

復縁を考えるのは男性?それとも女性?

“一般的に恋愛で別れた場合には、男性は心の整理ができずに元カノのことを引きずり、女性はきっぱりと気持ちの切り替えが早いと言われています。お互い別々の道へと決断し歩み出したものの、そう簡単に相手の事を忘れることなんてできません。

もう一度やり直したいと復縁を願うのは女性より男性の方が多く、一緒に居た時間が長ければ長いほどその思いは強いのではないでしょうか。彼女に甘え頼り切っていた人にとっては大きすぎる心の穴ですが、自立心を養い彼女のことを受け止める包容力や、相手を思いやる心が無ければ復縁はうまくいきません。

彼女に認めてもらうためには、自分自身の外見だけでなく内面も磨くことが大切です。また、他に好きな人ができたからと自ら別れを告げたのに、その彼女と別れたから元カノと復縁したいと考える安易な人も多いようです。

プライドが高いためこのような思いやりのない言動は、復縁どころか今後の恋愛も長続きできません。心の底から彼女を大切に思う純粋な気持ちが無ければ、復縁することは難しいと思います。”

復縁と別れさせ屋の意外な関係

別れを決断する人には様々な理由と事情があることと思いますが、双方が必ずしも望んで選んだ道とは限りません。知らぬ間に少しずつでき始めた溝は、気付いた時には修復できないほど大きなものになっていることが多いのです。

離れてしまった心を繋ぎ止めるのは、とても大変で難しいことだと思います。自分の欠点を見つめ直し、もう一度やり直したいと復縁を願う人も多くいるのです。

別れを望んだ相手との復縁なんてできるのだろうか?自分の気持ちとは裏腹に冷静に考えてしまう自分もいるのではないでしょうか。どうしても忘れられず一人ではどうすることもできない時は、別れさせ屋に相談してみるといいでしょう。

最近よく耳にする、別れさせ屋は相手を別れさせるだけではなく復縁の仕事も行っています。第三者に相談することで、相手に知られることも迷惑を掛けることもありません。

別れさせるよりもはるかに難しい復縁は、別れさせ屋工作員だけでは成功することはできません。別れさせ屋によるアドバイスの基、協力をすることが大切なのです。

どうしても忘れられない彼との復縁を考えるとき

些細なことが原因で喧嘩して別れをしてしまった、という人はたくさんいると思います。どうしてあんなことを言ってしまったのだろう、あの時素直に謝ることができたならと後悔の念に駆られているのではないでしょうか。

恋愛は時が経てば時間が解決してくれることが多く、新しい恋愛をすることで素敵な思い出として前に進むことができます。しかし、どうしても元彼が忘れられず前に進むことができなかったり、新たな恋愛をしてみるも元彼と比べてしまったりして、新たなスタートを踏み切ることができない人も少なくないのです。

その思いが強くなるほど、元彼との復縁を考えることと思います。復縁は時間が経ってしまっているほど、状況が変化している可能性も多く難しいことと思います。しかし、付き合っている期間が長いと些細な喧嘩別れは、相手も同じように後悔をしていることが多いと思います。

そして自分と同じように復縁を考えるも、勇気を出すことができずに悩んでいることもあるのです。どのような結果であれ素直に思いを伝えることで、新たな一歩を踏み出すことができると思います。

復縁にはタイミングが大切

彼女はバリバリのキャリアウーマンです。僕はそれをずっと応援してきたつもりでした。けれど彼女にアメリカに転勤の辞令が下りた時に「仕事をしていく上で最大のチャンスだから私はアメリカに行きます。だから別れてください。でも決して嫌いで別れるのではない。」と言われたのです。

別に僕はアメリカに行くななんて言っていない。せっかくのチャンスなんだから行ったら良いと思う。でもそれと別れることとは違うだろう?と言ったのですが彼女は聞く耳を持ちませんでした。僕は彼女を引き止めることは出来ませんでした。

けれどこんな別れ方は納得できません。そこで、僕は暫く時期を待つことにしました。彼女はアメリカ転勤で頭がいっぱいになっているのだ。落ち着いたらきっと別れたことを後悔すると思ったのです。

彼女がアメリカに転勤してから半年後、夏休みを利用して彼女を訪ねました。そして、一緒にすごしてたくさんの話をしました。やはり彼女はアメリカで心細かったようです。そして僕たちは復縁しました。今は遠距離恋愛ですが、これからも一緒に生きていこうと思っています。復縁できて良かったです。復縁にはタイミングが大切でした。

遠距離恋愛の彼と復縁できました

彼が仕事で転勤になってしまったので、この1年は遠距離恋愛をしています。遠距離になってからは月に1回会えるか会えないかだったのですが、ここ3ヶ月ほど全く会えていません。正直付き合っているとは言えない状況です。

でも、遠距離になる前に2年も付き合ってきたのに、こんな風になし崩しに別れてしまうのはあんまりです。それにそろそろ結婚するつもりだったのに。あんまり悲しかったので復縁をお手伝いしてくれるところに相談しました。自分の気持ちをぶちまけてしまいましたが、私の話を親身になって聞いてくれました。

そしていろいろなアドヴァイスをしてもらいました。彼の気持ちを取り戻して復縁するためのノウハウです。私は言われたとおりに行動しました。結構必死でした。

そしてそれから半年経った今、私は彼と復縁して結婚も決まりました。多分自分ひとりで悩んでいたらこうはなっていないと思います。人生の分かれ道だったと思いまう。復縁には確かなノウハウが必要なのだと思いました。

復縁できるとは思っていませんでした

ある日を境に突然、彼にメールをしても返信が来なくなりました。電話も一緒です。何度かけても留守電になってしまって繋がりません。どうしたのかと思っていたら、彼と共通の友達から彼が新しい彼女と付き合っていると聞かされたのです。

あんまりショックで笑うしかありませんでした。もう彼に怒る気力さえありませんでした。共通の友達にはもう彼には未練がないと話しました。別れる手間が省けてよかったと。本当はこっちから別れるつもりだったのだと。それからはSNSで私は毎日元気にやっているのだと、写真なんかをUPしていました。元彼なんていなくなってラッキーくらいに。

本当はしんどかったのですが。彼が音信普通になってから3ヶ月くらい経った頃、突然彼からのメールが届きました。新しい彼女と別れたようです。彼は必死に謝ってきました。本当はもっともっと彼を責めたいところですが、復縁してあげることにしました。やっぱり本当は私も彼に未練があったのです。

正直復縁できるとは思っていませんでした。彼が離れていったときにしつこくしなかったのが復縁のこつだったかな?と思っています。

復縁の冷却期間は必要なのか

よく「復縁に冷却期間は必要なのか?」という質問をみかけます。
私はこの冷却期間ってその人によって違うと思うんです。

ただ、冷却期間に狙いがあるそうなんですが、その狙いを調べてみました。
1つは目「関係のマンネリ化」
2つ目は「相手に対する嫌悪感」
3つ目は「相手の悪い印象」
4つ目は「自分の感情を静める」
という4つの狙いがあるそうです。

1つ目、2つ目、3つ目、は冷却期間にそういう感情をなくすための期間だそうです。
4つ目の感情を静めるということは自分の気持ちの再確認にもなりますね。

自分の感情は冷静にならないと分らないこともありますよね?
周りが見えなかったり、友達の言葉も耳には入ってこないですよね?
そのために冷却期間を持つ必要性があるみたいですね。
この期間には相手とは会わずに久しぶりに会ったときに懐かしいという感情じゃなく、また新たな気持ちで付き合うという前向きな気持ちを持ち続けるといいそうです。

何事にも「攻め」の気持ちでいることが大事だそうです。そういう意味で復縁に冷却期間は必要なんですね。

復縁するためにやってはいけないこと

別れた元彼と復縁したくて、復縁する方法を私なりにいろいろ調べて見ました。まず、復縁できる別れ方と復縁が難しい別れ方があるということが分かりました。例えばどちらかが心底相手を嫌いになって別れた場合は復縁は難しいそうです。

まぁ、なんとなくわかりますね。お互い嫌いではないけれど別れた場合とか、どちらかが他の異性に目移りして別れてしまった場合などは復縁できる可能性があるそうです。そして、別れてすぐの時に、あまりしつこく追いかけてはいけないのだそうです。しつこく電話したり、メールしたりすると逃げられてしまうのだそうです。

別れてからしばらくは一人でも平気な素振りをしていることで、相手があれ?と思うのだそうです。そのかわりに、元彼がいつでも連絡してこれるように携帯のアドレスとかは変えてはいけないのです。なるほどです。他にもやってはいけないこととか、やった方が良いことなどがいろいろ分かりました。やってみなくてはわからないけれど、とりあえずは彼と復縁できるように頑張ってみようと思います。

復縁という言葉の正確な定義

復縁という言葉の正確な定義って皆さんは知っていますか?
もしかしたら知らない人の方が多いのかもしれないですね。
「別れた彼氏、彼女がよりを戻すこと」がいまは一般的になってますが、実は離婚し夫婦、又は養子縁組をしていて離縁した人たちが元に戻ることだそうです。

この言葉を調べるまでこのことには全く知りませんでした。
別れた理由が一方的で納得できなかったり、自分の周りの環境や、感情、時間がたってからのものは相手のことをよく見えるようになったり、
自分の今までの行動の反省も出来、同じことを繰り返さない努力をしますね。

この言葉の正しいで意味を知っていても無駄にはならないとおもいます。
「復縁したい人がいる」と相談をうけたら、「それの正確な定義って知ってる?」と聞いてみるのもいいんじゃないんですかね。

もし、相談相手の人が知らない場合は教えてあげてるのもいいですね。
これは私も相談受けた場合に使ってみようとおもいます。
相手はどんな反応するか想像がつきません。

復縁という言葉の正確な定義は難しいことじゃないんですね。